抗エストロゲン薬使用中の避妊はIUSがおすすめ

抗エストロゲン薬は、乳がんの治療に使われる薬です。女性ホルモン「エストロゲン」は、乳がんを悪化させる原因の一つで、エストロゲンが乳がん細胞のエストロゲン受容体に結合して、がん細胞が増殖します。抗エストロゲン薬は、エストロゲンがエストロゲン受容体に結合することを妨げる作用があります。ホルモン療法は、抗がん剤に比べて穏やかな作用で副作用が現れにくいのが特徴で、エストロゲンの産生を妨げる薬と抗エストロゲン薬が使われます。
乳がんの治療中の避妊は、低用量ピル以外の手段で行います。低用量ピルには、女性ホルモンが含まれているため、乳がんが悪化する恐れがあるからです。
IUSは、子宮の中に黄体ホルモンを放出する、子宮内避妊システムのことです。IUSのメリットは、高い避妊効果があり、最長5年間という長期にわたって避妊可能で、毎日服用する手間が不要なことです。
IUSは、IUDと同様、婦人科で器具を挿入します。黄体ホルモンが付加されているため、子宮内膜を薄く維持し、受精卵の着床を妨げる作用、精子の子宮内への侵入を妨げる作用によって、避妊効果を得られます。子宮内膜が厚くならないので、生理の出血量が減少し、貧血が改善されるケースや、生理痛が軽減するケースもあります。日本で避妊薬として認められているIUSですが、海外ではその他にも過多月経の治療や、ホルモン補充療法の際の子宮内膜保護としても使用されています。
IUSは、内服薬とは違って、子宮内膜にのみ作用して、血中のホルモン濃度はほとんどあがりません。そのため、抗エストロゲン薬を服用中の人だけではなく、血圧や肝機能に問題があって低用量ピルを服用できない人も使用可能です。