ホルモンバランスが影響するニキビは避妊薬で改善

ニキビができる原因は様々です。
バランスの悪い食事や、脂質や糖質の多い食事、またスキンケア不足や逆に過剰なスキンケアでも、できてしまうケースがあります。
一般的に思春期の若い世代に起こる肌トラブルというイメージがありますが、最近大人になってからニキビに悩まされる多賀が増えてきました。
いわゆる「大人ニキビ」ですが、食事やスキンケアといった原因の他に、ホルモンバランスの乱れが影響し、引き金となる場合も少なくありません。

ホルモンバランスが影響するの大人ニキビは、特に20代から30代の女性に起こりやすいようです。
女性は卵巣から卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンが分泌されています。
この女性ホルモン量が変化する事で、排卵したり生理となるのです。

ですが、ストレスや疲労、バランスの悪い食事や睡眠不足などによって、女性ホルモンバランスが崩れてしまう事があります。
すると、女性であっても男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が増加してしまうのです。
ニキビを引き起こすアクネ菌という常在菌は、皮脂をエサとしている為、皮脂が多い肌だとニキビができやすい傾向にあります。

ホルモンが影響しているという事もあり、スキンケアや食生活を見直しても、なかなか治りません。
このようなタイプのニキビは避妊薬での治療が有効です。

避妊薬とニキビ、あまり関係が無いように思うでしょう。
避妊薬には卵胞ホルモンと黄体ホルモンと同じ作用をする、ホルモン剤が含まれています。
服用する事によって体内の女性ホルモン量が一定となるので、ホルモンバランスの乱れを改善する事が可能です。

色々試しても治らないという場合、ホルモンバランスの乱れを疑い、クリニックを受診する事をおすすめします。