絶対に避妊したい方にはピルかIUS

避妊するためには様々な方法があります。
コンドームやリズム法など、避妊の失敗率の高いものもありますので、確実に避妊したい方は、ピルかIUSが有効です。
ピルかIUSか、どちらを選べばよいか迷われる方は多くいらっしゃいます。
ピルの場合は、喫煙される方や高血圧の方、不整脈のある方など、服用できない方がいらっしゃいますし、IUSの場合、保険適用外の場合、初期費用が数万円かかってしまう事や、出産経験のない方は、子宮の入り口が経産婦の方と比べると開きずらいため、IUS装着時に激痛を伴ってしまったり、なかなか挿入できない場合もありますので、人によりどちらが適しているのかは、分かれてしまいます。
ピルの服用に問題のない、経産婦さんの場合は、どちらの避妊方法も可能となりますと、更に悩んでしまいますが、長期的にみると、IUSの方が利点は多くなります。
まず、IUSは過多月経や、月経困難症の方以外で、避妊目的の場合は、保険適用外のため、病院によって違ってきますが、数万円かかってしまい、高額に感じてしまいますが、最長5年間有効ですので、ピルにかかる費用と比べても長期的にみると安くなります。
次に、ピルは毎日欠かさず服用しなければ、避妊効果が得られないため、飲み忘れにより、避妊に失敗してしまう可能性が大いにあります。
そのため、IUSとピルの避妊失敗率を比較すると、ピルの方が失敗率が高く出ています。
その他にも、IUSも黄体ホルモンが付加されていますが、ピルのホルモンが全身に作用してしまうのとは異なり、子宮内のみに作用するため、副作用の心配もピルほどはありません。
このように、IUSは利点がとても多いので、とても有効な方法であるといえます。

多くの人が実践している避妊方法とは

避妊をする方法はたくさんあります。でもみんなに良く用いられる方法は簡単で安価なものが多いですね。
女性側で出来る避妊の方法は、子宮口にリングを挿入する方法、そして基礎体温を測る方法、ピルを内服する方法があります。
子宮口にリングを挿入する方法は効果も高いですが、費用も掛かりますし、産婦人科を受診して専門の医師に挿入をお願いすることになります。
また年数が経過すると交換が必要なこともあります。基礎体温を計る方法は簡単なのですが、確実性に不安があります。
これは自分の生理周期をもとに排卵期を予測してその時期を外して性行為をするということですが、生理周期というのは、精神的なものや疲労などによっても容易に変化します。
そのために確実ではないのですね。またピルは産婦人科にいって医師に処方してもらう方法です。
ピルは確実に内服をすることが必要なのですが、それを守ることにより、非常に高い避妊率を得ることが出来るので、女性の避妊方法としては多くの人が実践をしている方法だと言えます。
では男性側はどうでしょうか?男性側の避妊方法にはパイプカットとコンドームがあります。
パイプカットは専門のクリニックにいって処置を受けることが必要です。
またパイプカットを一旦してしまうと次に妊娠をさせたいという時に困ることも多いので、その処置をするかどうかを迷う人も少なくありません。
その点コンドームは薬局やドラッグストアで購入ができますし、正しく装着するだけでその効果が非常に高いです。
またコンドームを使用することで性病の予防にもなるので、男性の人で実践している避妊方法としては一番多いものです。
女性側のピルと、男性側のコンドームがあると避妊率は高まります。

膣外射精を避妊法にしている人は多い

性行為をするときに、子どもを望まないカップルが避妊をする方法として、膣外射精をしていることがあります。
たしかに、道具や薬を準備する必要はなく、費用もかからりません。
それにコンドームをつけていると、得られる快感が少ないということもあります。
しかし、それで完全に避妊が出来るかというと、出来ないというのが現実です。
この思い込みは、特に10代、20代の若い世代に多く、そのために妊娠をするケースも出てきているのです。
男性が射精をする直前に、行為をやめて膣外射精に切り替えようとしても、すでにわずかでも射精をしていれば、妊娠をする可能性は残っています。
ましてや、膣外射精に失敗して、膣内射精をすることだってあるのです。
それに、誤解をしている人が多いのですが、射精をする瞬間だけ精子がでるわけでもなく、その直前にでるカウパー腺液にも、精子は含まれています。
ですから、射精の瞬間だけ注意をしても何もならないのです。
もしも、妊娠をしてしまえば、中絶、あるいは出産、どちらにしても重大な選択を迫られます。
本当に避妊をしたいのであれば、避妊率が高いコンドームを着用して性行為をすることです。
もしも、妊娠の可能性がある膣外射精をするのであれば、ピルを飲むことでほぼ避妊する事が可能です。
そのためにも、性行為をする両人が、正しい性知識を持つことが必要です。
今や、この手の情報は書籍だけなく、ネットなどでも簡単に手に入れる事ができます。
きちんと膣外射精のリスクを知り、確実な避妊をするために、やるべきことは何かということを話し合い理解することです。
決して、性行為の快感だけを追い求めて、その後のことを考えないようなことはやめておきましょう。